犬の白内障治療法
   愛犬の白内障治療や手術・予防策について

 ペットの診療費を踏み倒すことによるデメリット
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

ペットの診療費が踏み倒されることが増えているようですが、継続した治療を受けられないことは、結果的にペットに命の危機という形で返ってきます。以前の症状がわからない状態で適切な治療を受けることは望めませんので、最終的に痛みを負担するのは動物という不条理な結果になってしまうことを飼い主の方には理解して欲しいものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080525-00000000-jct-soci
 動物病院の診察料を支払わない悪質な飼い主たちが増えているようだ。病院を巡って初診を繰り返し、踏み倒す、といった手口だそうだ。背景には人間と違って、保険が効かず料金が高いこともあるらしい。

■「BMW」に乗っているのに3万円の診療費踏み倒す

 獣医によるブログ「どうぶつ病院診療日記」には、衝撃の実態が書かれている。

  「BMWに乗っていて、ルイヴィトンの財布を持っているのに、カードは持っていない、と言って、結局3万円ほどの診療費を踏み倒して行きました」

 これまでに何度も踏み倒されたというこの獣医は、診療時間外の「初診」に多いと、分析している。さらに、「固定電話」「カード」を持っていない、という人が、「アヤシイ」ようだ。複数の病院で初診を繰り返しては、踏み倒すというのが常套手段だ。

 また、難しい病気の場合には、治療しても完治できないことがある。すると、「支払う義務はない」と主張する飼い主もいる。病院に連れてくるのが遅れて病状が悪化したケースでも、自分のことは棚に上げて獣医を責め、支払いを拒否する。こんな輩も珍しくない。

 「デイリー東北」2008年5月19日号は、青森県八戸市の動物病院で診察料を払わない飼い主が増えていると報じた。現金を持たずに来院し、後日支払うと言って偽名やうその住所を病院側に知らせる「確信犯」もいるようだ。

 ペットの医療費が人間に比べて高いのは、保険が効かないからだと言われている。風邪で通院する場合、1回あたり1万円近くかかるのも珍しくはない。任意で入ることのできるペットの保険もあるが、利用できる病院が限られているため、加入者が少ないのが現状だ。

■「請求した途端に、病院のことを悪く言いふらされる」

  「獣医が泣き寝入りする場合がほとんどです」

 そう話すのは、複数の相談を受けたことがあるという埼玉県獣医師会の担当者だ。獣医のなかには、弁護士を立てて未払い金を請求することもあるが、「珍しいケースだ」という。

  「請求した途端に、病院のことを悪く言いふらされる」

 そうなると、一種の客商売だけに、評判が悪くなるのを恐れて、強く出られないのだ。

 それだけではない。未払いの飼い主に限って、劣悪な環境で飼育していることが多い。

 「一番かわいそうなのはペットだ」。ある獣医は見かねて、「支払いはいいから、せめて飼育環境を改善してあげて欲しい」と懇願した。すると、その飼い主はあろうことか行政に「獣医の態度が悪い」と訴えた。

 こうした実態があるにもかかわらず、未払い問題はほとんど公になっていない。

 J-CASTニュースが獣医の大手団体「日本獣医師会」に問い合わせたところ、「そのような話は獣医から聞いていない」とだけ答えた。「日本小動物獣医師会」「日本動物病院福祉協会」も「知らない」の一点張りだった。

 埼玉県獣医師会の担当者は、「獣医が我々に訴えてこない限り実態がつかめず、獣医師会で取り組むことはできない」と、嘆いている。



copyright © 2005 犬の白内障治療法 all rights reserved.