犬の白内障治療法
   愛犬の白内障治療や手術・予防策について

 犬の白内障手術なら
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

白内障手術を受けられる動物病院ランキングで、愛犬の目を治療してくれる名医を探しましょう。
人間であれば眼科に行けばそこで治療が受けられますし、そこに設備が整っていなければ、他の眼科を紹介してくれることもありますが、そうはいかないところがペットが病気になった時に悩むところです。
東京都内なら、まだ犬の白内障手術をしてくれる動物病院はありますが、地方になってしまうと数も限られてきます。
数少ない選択肢から選び出すとなると、技術力もあやしくなってきますが、何しろ目の問題だけに失敗してもらっては困ります。

失明でもしたのでは納得できるはずはありませんが、その不安が大いにあるのが目という器官ですので、白内障手術を受けさせる際には、くれぐれも慎重に動物病院を選んであげましょう。
ひとくくりに病気といっても、本来は様々な症状に分けて考えるものです。
内科や外科、眼科、皮膚科、心療内科など、総合病院は多数の部門に分かれて、医師は所属するそれぞれの科で専門家として腕を磨いているのですが、獣医の仕事はまったく異なります。
眼病から風邪や皮膚病まで、何でも屋のように幅広い症状に適応しなくてはならないうえ、犬や猫だけではなく、九官鳥やカメレオンなど、何が持ち込まれてくるかもわからないのですから、その守備範囲の広さは尋常じゃないものになります。

そうなってくると、犬の白内障を手術するという場合、その分野に精通した獣医がいる動物病院を探し出さないと、初めての経験に付き合うはめになりかねないのです。
いくら広範な分野に対応しているといっても、人間なのですから万能ではありません。
得意とする治療もあれば、知識や経験が不十分な領域もあるのは当然のことです。
理想としては、犬の白内障手術の実績がある獣医や動物病院を紹介してくれることですが、自分の仕事を他人に横流ししたくないと考えることもありますし、未熟さを悟られたくないと感じることもあるでしょう。

そのような場合には、挑戦となることを自覚しつつも自ら担当してしまうケースも考えられるのです。
もちろん、経験はどこかで積まないといつまでたっても未経験者のままですから、勇気をもってチャレンジすることは悪いことではないのですが、その実験台になりたいかどうかは別の話です。
よりによって自分の愛犬を白内障の手術をしたことのない獣医に託したいと思う飼い主はいないでしょう。
かといって面と向かって、力量が足りなければ他の動物病院を紹介してほしいと申し出るのも勇気が要ります。

勇気よりまず、そのような非礼なことはできないと感じる方もいるでしょうし、そもそも相手に判断をゆだねているという点においては、話が進展していません。
本質的には、確実に名医と呼べるような獣医を見つけて、そこで治療をしたいという願望が重要なのであって、それを運任せにしたくないということのはずです。
犬だって白内障を手術されることを望んでいないかもしれないのに、言葉は悪いですが無理やり受けさせているのですから、せめて成功率を高めるための方策ぐらいはベストを尽くしてあげたいというのが親心(飼い主心)でしょう。
動物病院同士のネットワークが緊密に築かれていることもあるので、それを利用するというのも良い手段でしょう。

すでに治療方針が決定した後では、名医がどこにいるかを聞いても移ることは抵抗があるでしょうから、さりげなくそのような治療の実績がある動物病院がどこかにないか尋ねておくとよいでしょう。
信用していないという態度を示すのではなく、敬意を持っていることを現した上で、専門的な獣医の情報について知りたいということで切り出せば、それほど嫌な顔もされないと思います。
あとは愛犬のために白内障手術の名医の居場所を聞き出す勇気を持つことができるかどうかの問題です。
また、すべて相手のいいなりになるのではなく、積極的に質問や相談を持ちかけるというのも有効な手段です。

今後どのように症状が推移していくことが予想されるのか、一般的にはどのような症例が確認されているのか、他には治療方法があるのか、過去に同じようなケースを経験したことがあるのか等、疑問は様々なものが噴出してくるものと思います。
そういったものを実際に口に出すことによって、曖昧なままでこの犬の白内障手術に臨んだら飼い主がうるさいと煙たがられるぐらいのプレッシャーを与えるのです。
もっとも、嫌がるのは腕に自信がない獣医や、誠意のない人の場合でしょう。
名医であれば、飼い主の不安についても理解を示してくれるはずですし、症状等についてしっかりした説明をしてくれるはずです。

ペットは人間に飼われることによって、野生で育った場合よりも自然治癒力や免疫力は落ちてしまいます。
それを補うためには、飼い主が責任を持って安心して犬が白内障の手術を受けられる動物病院を見つける必要があります。
人間の都合でそばにいてもらっているのですから、ペットの健康のためにできることは惜しまずにしてあげたいものです。

copyright © 2005 犬の白内障治療法 all rights reserved.